映画・バレエ・ミュージカルの感想をただつらつらと記録するKittyの忘備録。
基本的にネタバレです、あしからず。
コメント・TB歓迎です♪ でもSPAMが多いので承認制にさせてもらってます・・・。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
ロメオとジュリエット(牧阿佐美バレエ団)
3月10日@ゆうぽうと

10日は伊藤友季子ちゃんと逸見智彦さん、11日は青山季可ちゃん&森田健太郎さん。どっちを見に行こうか迷って(両方行く気はなかったの。このプリセツキー版好きじゃないから)10日にしました。
季可ちゃんの方が好みなんだけど、森田さんのロミオは前にも見てるし、いっつもパリスだった逸見さん初ロミオとなりゃ行くしかないと思って。

逸見さんは予想通り王子様ノーブルなロミオ。優雅でしたわ。ロミオって優雅な若者なのかわからないけど、美しいものに文句はつけられません。
友季子ちゃんは悲劇の方が似合うと思う。白鳥か黒鳥かっていったら白鳥みたいな。だから3幕からはすごい見入りましたね〜。
主演2人が総じて、終盤に向けて上り調子になっていった感じ。

この版があまり好きじゃないって書いたけど、好きなところが1つだけあります。
それはお墓で2人が死ぬ前に生きて会えるとこ。仮死状態の逸見ロミオに向けられた友季子ジュリエットの笑顔はすごーくかわいかった。で、見ているほうはその後の結末を知ってるから余計悲しくなるのね。
友季子ちゃん、お墓のとこが一番良かったかも。

この日のマキューシオは小嶋直也さん。初演以来、かつ久しぶりの大きな役で、観客の雰囲気も明らかに違ってたな〜。
なんかすごい張り切ってたようにお見受けしました。
逸見さんを食っちゃった場面もあって、それはいいんだか悪いんだか置いといて、やっぱりさすがだなぁと。
膝に爆弾をかかえてるからか、ていねいに踊ってた感じ。

ロミジュリはいいねぇ。

マクミラン版がまた見たくなっちゃった。
バレエ / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitty-kangeki.jugem.jp/trackback/11