映画・バレエ・ミュージカルの感想をただつらつらと記録するKittyの忘備録。
基本的にネタバレです、あしからず。
コメント・TB歓迎です♪ でもSPAMが多いので承認制にさせてもらってます・・・。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
ナイトミュージアム


公式サイトはコチラ

予告を見たときから「これは絶対オモシロイ!」と踏んでた作品。

やっぱり面白かった〜ムード

吹き替え版もあるから、お母さんは「子供向けなの?」って言ってたけど、大人のほうが楽しめたんじゃないかな〜っていう内容。
っていうかお母さんもかなり笑ってた。

主人公のラリー(ベン・ステイラー)はバツイチっていう設定で、元妻やその恋人も出てくるんだけど、そのあたりの難しい話はまったくナシ。「息子のためにしっかりしなさいよ」ってたしなめる女友達みたいな元妻。

で、どうして私が「大人のほうが楽しめる」って思ったかというと、やっぱり知識があったほうが面白さがわかるところが結構あったから。
戦ってる南北戦争のミニチュアたちに向かって、
「悪いけど北が勝つよ。奴隷制度は良くないからね。」
とか、
アフリカ民族に向かってルーズベルト(ロビン・ウィリアムズ)が
「ジャンボ!」
ってあいさつするところとか。
特にこの「ジャンボ!」は字幕に出なかったけど、うひょーって思ったよ。

難しいことを考えないで見れるけど、
「博物館は歴史が息づく場所」
とか
「歴史を勉強しろ」
とか、結構うなずけたわ。
だって、ルーズベルトが博物館の中で思いをよせる女性サカジャウィアって、私知らなかったんだけど、知ってたらもっと面白かったりしたのかな〜とか思うからね。

あとは思いついたことをポンポンと。

一番笑えたところは、ラリーとアッティラが大声で言い合ってるところ。ラリーは適当にフン族の言葉を叫んでるだけなんだけどね。
ファラオのアクメンラーがなかなかイマドキの若者で楽しかった。
西部のミニチュアでオーウェン・ウィルソンが出てて、ちょっと嬉しかった。

ベン・ステイラーって最初はたしか、キャメロン・ディアスとの「メリーに首ったけ」で見たんだけど、最近ホントにコメディーに欠かせない俳優になってるね。
映画(な行) / comments(2) / trackbacks(1)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








kittyさん☆こんばんわ!
コメント&TBありがとうございました〜!
お返事大変遅くなってしまいごめんなさい。

ベン・スティラーは監督としても才気溢れているのに、コメディのスタンスを崩さずに今でも活躍するので偉いなと思い感心しきりですね。
歴史が息づく場所から色々な事を感じたり、昔生きた人の足跡を追う作業というのは、今の現代でも重要な事の一つだと思います。
子供向けですが、そんなほのかなメッセージを老若男女感じ取る事の出来る素敵な作品でしたね♪
from. orange / 2007/05/06 9:19 PM
orangeさん、こちらこそちょっと前の記事にTBさせていただきありがとうございました。
最近映画を見るタイミングが遅くなってしまって・・・。

子供向けと銘打っていながら実は大人も楽しめる映画、こういうテイスト、面白いですよね〜。

これからもよろしくお願いします。
from. Kitty / 2007/05/07 10:29 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitty-kangeki.jugem.jp/trackback/15
 もし、博物館の模型や蝋人形等の展示物が夜中に動き出したら・・・  そんなもしもが縦横無尽に駆け巡る夜のファンタジー。ベン・スティラーの驚きタッチもたまらないキラキラした作品でした。  ラリー・デイリー(ベン・スティラー)は、1人
とにかく、映画好きなもので。 / 2007/05/01 11:19 PM