映画・バレエ・ミュージカルの感想をただつらつらと記録するKittyの忘備録。
基本的にネタバレです、あしからず。
コメント・TB歓迎です♪ でもSPAMが多いので承認制にさせてもらってます・・・。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
ラブソングができるまで


公式サイト→コチラ

理屈ぬきで笑える楽しい映画。
特にヒュー・グラント演じるアレックスの全盛期の様子は、ちょっと前に見た「バブルへGO!」のバブル時代みたいだったよ。
人気絶頂期が過ぎ去って、細々と小さなパフォーマンス・ショーを続けながら、でもみじめっぽいところを感じさせないのがヒュー様っぽかった!
ヒュー様が踊りながら腰を痛めて、それでも踊り続けるのに本当にハマッた♪

ドリュー・バリモアも、チャーリーズ・エンジェルなんかよりも等身大でかわいい感じ。
まぁ、エンジェルは等身大ではないわけだけど。

あと出演者みんなに好感がもてて面白かったのがこの映画のイイところかな(あ、コーラは除いてね・・・あの役はどうも。)
1番気に入ったのは、ドリューバリモアのお姉さん!
演じてるクリステン・ジョンストン・・・ERで見たことあるよ。
このパワフルで強くて常識も持ってるのに、ヒュー様のことではトンじゃってパワフルさ炸裂なところがすごいウケた。
ああいう人いるもん。
あんなお姉さんがほしい!

DVDになったらもう一度見よ。
映画(ら行) / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitty-kangeki.jugem.jp/trackback/19