映画・バレエ・ミュージカルの感想をただつらつらと記録するKittyの忘備録。
基本的にネタバレです、あしからず。
コメント・TB歓迎です♪ でもSPAMが多いので承認制にさせてもらってます・・・。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
Dear フランキー
Dearフランキー
Dearフランキー

公式サイト→コチラ

フランキーのけなげさがたまりません。
ママもおばあちゃんもマリーも、もちろん1日だけのパパのストレンジャーも、出てくる人がみんな優しい。(ホントのパパは除いてね。)

全編に小さな感動や優しさがちりばめられてるけど、特に一番感動したのは、フランキーがジェラルド・バトラー演じるストレンジャーにもらった平たい小石をそっとポケットにしまうところ。

それまで大人びていた、大人にならざるをえなかったフランキーがストレンジャーと過ごす1日ではすごく子供に戻っていた。その思い出なんだな〜と。声に出して聞いた「また会える?」も本当に伝えたかったのね・・・。
ママが最後に見つけた手紙で、フランキーはストレンジャーが本当のパパではないって知っていたことが明らかになるんだけど、結びが「Your friend,」になっていたのが泣けます。

見終わった後は、周りの人に優しくなれそうな、そんな感じの映画でした。

フランキーを演じたジャック・マケルホーン君。「猟人日記」(エミリー・モーティマーも出てる)の男の子だったのね!
またまた難しい役だったけど、セリフがなくて表情だけで演じられるすごい俳優さんです。
映画(た行) / comments(4) / trackbacks(2)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








またお邪魔します。
これは、素直にいい作品でしたね。
何回観たかわからないほどですが、
繊細で優しいピアノのメロディも綺麗で、観れば観るほど切なくなります。

そうそう。『猟人日記』に2人が出てるんですよね。
エミリーちゃんがあんな役柄で登場して、ビックリ!してしまいました。
from. 悠雅 / 2007/09/26 11:42 PM
ありがとうございます〜♪
派手さや奇をてらった作品じゃない、こういう映画って何回も見たくなりますよね。
イギリス映画ってこんな感じの作品が多くて好きなんです。
from. Kitty / 2007/09/27 9:34 PM
こんばんは!
コメント、有難うございます♪
夫のDVから子供を難聴にしてしまった。守れなかったという想いから
ウソをつき続けるママの、強い愛情にとっても感情移入してしまいました。
フランキー・・・本当にいい子でした〜*
from. kira / 2008/04/13 12:28 AM
コメント遅くなってすみません。
なんかとにかくみんな優しい人でしたよね〜。こういう映画を見るとホッとします♪
from. Kitty / 2008/04/20 11:44 AM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitty-kangeki.jugem.jp/trackback/47
いい映画だと教えて頂いたのでどうしても観たかったのに、懇意にしているレンタル店に置いてないんだもの・・・買っちゃったわよ〜ん(いよっ太っ腹!!)【story】DVが原因で離婚したシングルマザーのリジー(エミリー・モーティマー)は、耳に障害を持つ息子フランキー(
★YUKAの気ままな有閑日記★ / 2008/03/02 11:40 AM
原題 DEAR FRANKIE 製作年 2004年 製作国 イギリス 上映時間 102分 監督 ショーナ・オーバック  脚本 アンドレア・ギブ 音楽 アレックス・ヘッフェス 出演 エミリー・モーティマー/ジェラルド・バトラー/ジャック・マケルホーン/シャロン・スモール/メアリー・リ
to Heart / 2008/04/11 12:13 AM