映画・バレエ・ミュージカルの感想をただつらつらと記録するKittyの忘備録。
基本的にネタバレです、あしからず。
コメント・TB歓迎です♪ でもSPAMが多いので承認制にさせてもらってます・・・。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
レ・ミゼラブル


公式サイトはコチラ

ジャン・バルジャン:橋本さとし
ジャベール:石川禅
エポニーヌ:坂本真綾
ファンテーヌ:今井麻緒子
コゼット:菊地美香
マリウス:藤岡正明
テナルディエ:徳井優
テナルディエ夫人:瀬戸内美八
アンジョルラス:東山義久

見に行ったのは8月19日の夜。
結構日がたっちゃったけど、思い出して書くよ。

とにかく今年からジャン・バルジャンになった橋本さんが楽しみで仕方なかったです。
期待に違わず、私は大満足♪
とくに、マリウスに向かっての「彼を帰して」や、リトル・コゼットと一緒に歌うところなんかで聴ける、優しい声が良かった〜。

アンジョルラスは東山さんが4人の中では、私のイメージに一番近い感じ。
マリウス藤岡さんがポニーテールなのが・・・ちょっとやだったけど、やっぱりレミは好きです。

あとはそうだな・・・ガブローシュ君がかわいくて勇敢で、うん、よかったです。

終演後のトークショー。
橋本さんがコゼットのパートを裏声で歌ったのが個人的にツボでした。
椅子の話も面白かった〜〜。

8月19日ソワレ@帝国劇場
ミュージカル / comments(0) / trackbacks(0)
ヘアスプレー


公式サイトはコチラ

初めて見た作品です。
私の好みから考えると、これはパワフルすぎる感じ。
それなりにトレーシーやペニーが変わっていったりするけど、全体的にコメディ。笑えました。笑わそうとしてる感もちょっとあったかな。
トレーシーのパパが人間的に一番好きかも。

それにしてもトレーシー、あんなに太ってるのにみんなと踊るからすごかったし面白かった。

下はBunkamuraの入り口にあったボードです。

8月5日@Bunkamura
ミュージカル / comments(0) / trackbacks(0)
ライオンキング


劇団四季のライオンキングを見てきました。
キャッツ→ライオンキングと動物モノが続いていますが、私個人の好みでいえばライオンキングの方が好きだな〜。
ストーリーがちゃんとあったほうが面白いんだ、私。

ティモンとプンバの掛け合いも、雌ライオンのびよーんとした涙も相変わらず面白かった。
この‘相変わらず’面白いってのが、ロングランできるミュージカルには不可欠なんだろうね。
私は四季に関しては「この人の時に行かなきゃ!」っていうのがないんだけど、ナラの宮崎しょうこさんは凛としたナラでかっこよかった♪
Yコンビはヤングナラ>>ヤングシンバだった。

全体として楽しく満足できる舞台だったんだけど、ひとつだけ。
「愛を感じて」時の3組のダンサーのうちのセンターのペア(←ワイヤーでつるされてない人)
バレエを基本とした、というかもうほとんどパ・ド・ドゥだったけど、男性にはもっとバレエの経験のある人を持ってきたほうが良いと思われます。
だってキレイじゃなかったもん。身体も硬そうだったし。
そんなにダンスをメインとしない演目だから、時々踊られるとキレがないのが目立っちゃうよ。

うっかり辛口ですが、ラフィキもムファサもザズもよかったから、ほんとあそこのダンスは惜しかったよ・・・って良かったって気持ちの裏返しですわ。

7月1日マチネ@四季劇場・春
ミュージカル / comments(0) / trackbacks(0)
キャッツ


久しぶりに老若男女むけのキャッツを見た〜。
といか四季じたい、めちゃめちゃ久しぶりでした。

海外で見たのも含めて、ミュージカルって「マンマ・ミーア」とか「Guys & Dolls」とか「The Producers」みたいな大人から楽しめる系を見ることが多くて。
だからキャッツみたいなのは久しぶり。
当然新生キャッツは初めて。
私は1階の回転席のちょっと後ろだったんだけど、2階のほうにもゴミがたくさん飾られてたのが見えた!

そうそうそれで、子供から楽しめる系のミュージカルを見たのは久しぶりだったんだけど、そのせいか、1幕はジェニエニドッツから始まるそれぞれのネコの紹介から、メモリーが始まるまでがちょっと長く感じちゃった・・・。
ヘタだから退屈ってんじゃないの。迫力とかさすが四季だ〜と思ったし、ラムタムタガーは相変わらず面白かったんだけど、ストーリーが若干ストップするからね。
でもメモリーが始まったとき、これがあれまでにぎやかだった客席と同じ空間とは思えないほどシーンとしたね。
このガラッと変わる空気が、私のミュージカルの楽しみなんだー!

さも私が子供むけは苦手なように書いていますが、2幕のスキンブルシャンクスの歌で、ゴミをつなげて汽車をつくるところは大好きです・・・。

席も良くて、ネコがそばを走ったりすべったり、握手席だったりで、一体感満載。
たまにはコレ系のミュージカルも良いもんだな〜と思いました。
今度見るときは2階で見てみたいな。開演前の向こう側が見たい!

6月9日ソワレ@キャッツ・シアター
ミュージカル / comments(2) / trackbacks(1)